「WGN 第50回例会 乾式メタンガス発酵施設(㈱富士クリーン)見学訪問 」
日時:2018 年 10 月 15 日(月)
10時30分
開会宣言
平尾隆行(WGN理事長)
10時35分
ようこそ香川県へ!香川県からのお知らせ
武本 哲史(香川県環境森林部 廃棄物対策課長)
10時40分
ようこそ富士クリーンへ!
塩田 定一(㈱富士クリーン常務取締役)
R1)施設概要説明
案内:町川 和倫(かずのり)(㈱富士クリーン企画部)
   神内 康介(こうすけ) ( 〃 企画部環境安全課)
10時50分
施設見学開始
1 会社説明(DVD) 10 分
2 (必須)乾式メタン発酵施設 見学 40 分 *2 班に分かれて見学致します。
3 各コースに分かれて 見学
  A 乾式メタン発酵施設+220 万㎥の最終処分場コース 70 分(チャーターバス)。
  B 乾式メタン発酵施設+低濃度 PCB 無害化処理施設コース 60 分(徒歩)
  C 乾式メタン発酵施設+固形燃料化施設コース 60 分(徒歩)
企業は変化し続けます。2007 年、2013 年訪問時の様子と変化を確認して下さい。
12時
昼食(スペシャルランチ)※受付を済ませて下さい。
この間を利用して名刺交換・ご挨拶等をお忘れなく
12時50分
R2) 政策プレゼン(30分)
案内:川本文吾( WGN 副理事長 )
経済産業省の薦める「資源・エネルギー・環境」の政策情報
  長谷川 健二(中国経済産業局 環境・リサイクル課長)
  吉田  昌彦(      〃    リサイクル推進係長)
  見村  隆正(四国経済産業局 資源エネルギー環境課リサイクル専門官)
環境省の薦める環境政策
  川崎 雅貴(環境省中国四国地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課長)
13時20分
R3)意見交換/質疑(ざっくばらんトーク)(30 分)
案内:中河原 達真(WGN 事務局長)
    参加者全員 →〈㈱富士クリーン・中国経産局・四国経産局・環境省・香川県〉へ
14時10分
R4)活動報告・お知らせ(10分)
案内:中河原 達真
(1.当期の政策連携進捗・総会以降の事柄2.企業動向3.ゲスト・オブザーバー発言等)
1.(お知らせ)当期の政策連携報告:①中国特殊、WGNの2団体が中電技術コンサルからの他薦で、
     →H30年度「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」エントリー(東北経産局)。
  ②県立広島大学「経営学特別講義」講師企業:㈱中国特殊Gの㈱中特ホールディング(5年目)。
2.当社も一言:㈱きやま商会
3.ゲスト・オブザーバー/学生等から一言:野村眞(オリックス資源循環㈱)様、
  山内守(㈱レクザム) 様、原田実(JFE条鋼㈱)様、竹内聖子(岡山県産業振興財団)様等、原田和枝(広島県中央会)様。
14時30分(厳守)
閉会挨拶~解散
杉村 恒俊(WGN 副理事長)
名刺交換・挨拶等出来なかった方は閉会後でも結構ですから行って下さい。
※当日予告なく進行・進行案内者名・講演テーマ・講師の変更が生じる事があります。
当日の様子
10時30分【開会宣言:WGN 理事長より第 50 回例会の開始が告げられました】
ようこそ香川県へ! :香川県からのご挨拶と環境政策の紹介です
ようこそ富士クリーンへ! :歓迎のご挨拶を頂きました
10時40分 R1)施設概要説明~工場見学:見学対象施設の概要説明を受けます
12時 昼食  富士クリーンスペシャル?ランチ“どぜふ讃岐うどん”です。
香川県綾歌地方では、稲刈り後の田んぼで収穫されたドジョウを食べる習慣があったそうです。
うどんは勿論しっかり腰のある讃岐うどんです
←すいとんリクエストも OK
柔らかく煮込まれた
どじょう→
12時50分 政策案内ゲスト紹介の案内人
       WGN 副理事長→
R2)【政策プレゼン】いつものように重点政策を案内して頂きました。
中国経済産業局
↓環境リサイクル課より↓
四国経済産業局
↓資源エネルギー環境課より↓
環境省中国四国地方環境事務所
↓廃棄物・リサイクル対策課より↓
13 時 20 分 R3)意見交換/質疑(ざっくばらんトーク)
今回は質疑時間が 60 分と余裕がありましたので、15名から30余りの質問が飛び交いました。
その一つ一つに、丁寧に、簡潔に、説明された富士クリーン㈱スタッフの質の高さに驚きました。
14 時 10 分 R4) 活動報告・お知らせ等
活動報告・当社も一言・ゲスト・オブザーバーからの報告・感想と続きました

14 時 25 分【例会終了~閉会宣言】
WGN 副理事長の閉会宣言(定刻終了)→
Bonus Photo ご挨拶~ 笑顔
“ご挨拶”
笑顔”
以前の記事へ